見える化が進まない

問題解決や業務改善のためには、

現状の見える化が不可欠なのだが、

なかなか進まないのが実際のようだ。

 

見える化のツールや手法は様々あるし、

コンサルティングも存在している。

殆どの企業が何らかのものを導入しているはず。

 

経営者とこのテーマで話をすると

・色々やってみたが、社員が主体的にやらない

・自分から現状を見たくない。問題があったら社長から怒られると思っている

・結局、社長から「これはどうなっている?」と指摘しないと動かない

という言葉が出てくる。

 

実際に関わってみると、

何故こんな簡単な見える化が進まないのか?と思うことが多い。

経営者達が嘆くのはもっともだ。

 

そのような状況に対して、

更に手法やスキルを充実させるアプローチもあるのだが、

それだけで上手くいくとは思わない。

 

それは、

無自覚に(もしくは自覚的に)見える化を進めたくない

というものが組織の中にあることが、根本の原因だから。

 

その風土、経営者と社員達が作ってきたものを変えていかない限り、

社員の主体的な動きは出ない。

 

簡単ではないが、その風土を変えることはできる。

風土が変わっていくことで、

自分達の仕事の結果をはっきり見たいという意欲が出てくる。

そこから社員による主体的な見える化がスタートする。