HPの開設にあたって

どこまで一人でやれるか、自分らしくやってみようと

53歳で独立し、楽しく激しく仕事してきました。

走れるだけ走って、止まったらそこで終われば良いという考えでしたが、

コロナが考える時間や生活パターンを見直す時間をくれました。

 

1日1日を大事にしようと「ほぼ日手帳」を使い始めました。

一緒に暮らす孫との毎日が楽しい!しかし体力必要とジムを再開。

家族との食事が美味しくて大事なことを実感しました。

 

長生きしたい、仕事も1日でも長く続けたい、と思うようになりました。

ここまでの資産を食い潰しながらやれば何とかなるか?

いや、それではつまらないし、そんな甘い仕事ではない。

 

仕事のクオリティを維持向上させねば!

そのためには、自分の仕事の価値や機能を言葉にすること

それを発信して、お客さんを裏切らないサービスを提供すること

更に自分を磨くべく、もがくことじゃないかと。

 

リクルートコミュニケーションエンジニアリングで

師匠から技術を学び、鍛えてもらい、ここまで生きてこれました。

自分なりに良い仕事をしてきたという自負もあります。

そして今もお客さんのテーマと向き合って精一杯もがいています。

 

文章を書くのは苦手だけど、ブログの形で発信していこうと決め、

折角なのでホームページも作成しようとジオコスの伊藤さんに相談。

伊藤さん、三谷さんのご協力でこのようなホームページが完成しました。

等身大の自分を表現してくれています。さすがプロ!!

 

ブログの内容は

これまでの仕事で得てきたこと、

今の仕事を通して感じたこと

孫の育児(育ジイ)を通して感じたこと

趣味の音楽、落語鑑賞のこと

などなど

 

ほぼ自分のための記録になるかも知れませんが、

仕事で関わった方々に時々のぞいてもらえば嬉しい限りです。

 

1番の読者は青年になった時の孫であってほしい。

「じいじも結構頑張っていたんだな」と思ってくれたら幸せです。