働く人の価値と
経営者が描く
展望をつなげ、
前に進む組織づくり。

パートナー柳沢義典は、組織の持つ心の奥へ。

次世代の活路が
拡がる実感を、
経営者とともに。



❏経営計画や制度を作っても形骸化する?
❏リーダー格の意識向上をはかりたい?
❏若手を育てる仕組みや風土がない?
 
 
超大手から家族経営まで実績を重ね四半世紀

SCROLL

2021.10.20

育ジイとして学んでいること

ABOUT

会社概要

理想の未来と現実のギャップ
を可視化し、
経営者の決断に寄り添い、
次の一歩を後押しします。

 

 

会社概要を見る 

BUSINESS

今の私のスタンス

私・柳沢義典は、
社員一人ひとりを繋ぐ" 触媒"です。

 

これまで多くの企業を支援させていただくなかで気が付いたこと。

経営者が抱える悩みには共通点があるのです。

「社員一人ひとりにまで自分の考えが伝わっているのかわからない」

「重要度は高いが緊急度の低い事案はいつも置き去り。結局口火を切るのはいつも自分」

「幹部からなかなか意見が上がってこない」

社員や会社の未来に懸ける想いの強さとは裏腹に「目指す姿に向かってどう動き出すべきかわからない」と頭を抱える方は、一人や二人ではありませんでした。

 

私は、経営者と同じように社員にも話を聞きました。

「自分の役割はどこまで期待されているのか」

「社長が掲げる長期的な目標より、目下の課題改善で手一杯」

「意見してもどうせ跳ね返されるのではないか」

彼らは彼らの立場で悩みを抱えていることがわかりました。

 

コミュニケーションの齟齬や個人の責任感、言語化されていない曖昧な認識が積み重なり、出来上がったのは深い溝。船員が各々の方向に舵を切れば、船はどの方向にも進めません。

 

けれど、

企業としてどんな存在を目指すのか。

足枷となっている課題は何か。

社内に求められる変化は何か。

社員それぞれの立場にある課題を明らかにし、答えをすりあわせていくと、会社という船は少しずつ波に乗り始めるのです。

 

ヒューマンサポートは「一人ひとりが自立し、生き生き働ける企業」を目指し様々なプログラムを提案します。

そしてそのゴールに向かって自走できるようになるまで、寄り添います。

 

 

今の私のスタンスを見る 

ABOUT ME

今に至る私のこと

今の私に繋がる、
あの時あの頃の経験

20代の溢れる自信と、苦い経験。

研鑽を積んだ30代と、独立を決意した50代。

「会社と人」に向き合ってきたこれまでを、振り返ります。

今に至る私のことを見る 

OUR VALUE

サービス紹介

サービス紹介一覧を見る