不言実行より有言不実行

社会に出て仕事を初め、色々な体験を通して

自分の仕事観がつくられていくものです。

 

「お前、不言実行で行こうと思ってる?

リクルートじゃ、それカッコよくないぜ。

有言実行がもちろんベストだけど、次は有言不実行、

不言実行では周囲に影響力がないんだ」

 

内定後のアルバイトの時か入社早々の時期だったか

またどの先輩から言われたのかも忘れてしまったのですが、

痛いところを突かれたとドキッとしたことを覚えています。

 

有言不実行が、言いっぱなしで実行しないという意味でなく

公言したが実行し切れなかった、結果が出なかったでも構わない

もがくことが大切なんだという意味で先輩が言ったことは

すぐに理解できました。

 

当時の私は、

公言して結果が出せなかったらカッコ悪いと内心思っていたし、

そこまで自分をアピールするのはどうかという考えがありました。

 

その日から不言実行はカッコよくないことになりました。

 

周りを見渡すと、目標や自分のやりたいことを公言して

生き生きと働いている先輩が何人もいました。

 

・手が届きそうもないような高い目標

・誰もが避けたくなるような難しい顧客やテーマ

・効果がはっきり見えない新商品・サービス

などに「やる!」と公言して率先して動いていく姿

 

カッコ良かったし、そういう先輩は年次に関係なく

周囲に影響力がありました。

 

リクルートでは入社すると

「自ら機会を作り出し機会によって自らを変えよ」

というプレートが配布され、皆が机の上に飾っていました。

成長したければ、自分で機会を作りだせ

日々の仕事の中にいくらでもチャンスがあるということです。

皆がこのことを実践していました。

 

成長意欲の高い人達の集団でしたが、

自分の事だけを考えてチャレンジしているのでなく

刺激し合って互いを高めていく風土がありました。

 

私を見ていて、アドバイスをくれた先輩に感謝です。

その一言のおかげで、リクルートの職場風土の中で

自身を成長させていくことが出来たと思います。

 

「やる!」と言って逃げ場を無くし自分を追い込む

同じチャレンジでも、個に収まることなく、周囲を巻き込み

周囲に何らかの影響を与えて前進する

ということを大切にしてきました。

 

今でも

自分にちょっと元気ないな、内向きだなと感じる時

この言葉を思い出して修正をかけるようにしています。